営業時間について

埼玉県からの飲食店に対する時短営業要請を受け、2021年6月21より7月11日まで、ディナータイムの営業時間を17:30~21:00(ラストオーダー20:00、酒類の提供は20:00まで)とさせていただきます。

2018/05/14

5/16(水)からのランチメニュー

こんばんは、ニランカフェのユウコです。

今日はタイご飯の定番中の定番、ガパオのお話から。ガパオはタイ現地の一皿料理屋台には必ずあるメニューです。タイ人でもガパオが嫌いという人は聞いたことがないですし、何を食べたらいいか思いつかないときのメニュー=ガパオという人も多いです。


ガパオとは今更ですが、タイ語でホーリーバジルのこと。なのでタイですと、この料理は”パット(炒める)ガパオ○○”と呼び、○○のところには鶏肉(ガイ)だの、豚肉(ムー)、牛肉(ヌア)、シーフード(タレー)、カリカリ揚げ豚(ムークロープ)、ピータン(カイイアオマー)だのと材料名が入ります。

タイでは必ずしもご飯にかけるわけではなく、一品料理として注文することも出来ますし、目玉焼きは大抵別料金オプションとなります。もちろん辛さのリクエストにも応えてくれます。

そしてガパオの食べ方ですが、誰が広めたのかは知りませんが、日本ではご飯とガパオ、卵を混ぜ混ぜして食べる食べ方がかなり浸透してしまっているようです。これもいつかの記事で書いたような、テレビなどの媒体を通して広められた、正しくない情報の一つです。韓国料理のピビンパプと混同しているのでしょうか。タイ人でガパオを混ぜ混ぜして食べる人はかなりの少数派だと思います。基本的にどんな食べ方をしてもいいと思うのですが、混ぜ混ぜ式ですとかなり薄味になると思いますので、その辺はナムプラーで味を調節したらよいと思います。

それではタイ現地で食べた色々なガパオ写真をどうぞ。現地はガパオの葉は安いですからね、使い方も豪快。

バーンセーンの海辺で食べたシーフードのガパオ。


ユウコのバンコクサラリーマン時代のおうちガパオ(笑)。


大型スーパーに入っているフードコートで食べたガパオ。


 チェンライのオサレカフェで食べたオサレガパオ。あぁオサレ!


ガパオが食べたくなってきました。

それでは水曜からのランチメニューをご案内いたします。

定番メニュー(毎日登場します)

1. ガパオムーセット ¥797(税込¥860)
   
(豚肉のバジル炒め)サラダ、スープ、ドリンク付き

2. パッタイセット ¥797(税込¥860)
   
(海老入りタイ焼きそば)サラダ、スープ、ドリンク付き

3. ゲーンキアオワーンセット ¥797(税込¥860)
   
(鶏肉のグリーンカレー)サラダ、ドリンク付き

4. センレックトムヤムクンセット ¥797(税込¥860)
   
(トムヤムクンスープのタイヌードル)サラダ、ドリンク付き

5. カオパットクンセット ¥741(税込¥800)
   (海老入りチャーハン)サラダ、スープ、ドリンク付き

6. パットシーイウセット ¥797(税込¥860)
   (豚肉入りタイ醤油焼きそば)サラダ、スープ、ドリンク付き

7. パットウンセンセット ¥797(税込¥860)
   (春雨炒め)サラダ、スープ、ドリンク付き


日替わりメニュー
5/16(水) センヤイパットキーマオセット ¥889(税込¥960)
      (海鮮バジル焼きそば)サラダ、スープ、ドリンク付き

5/17(木) ゲーンパーガイセット ¥889(税込¥960)
      (鶏肉入りスパイシースープ)サラダ、ドリンク付き

5/18(金) カオマンガイセット ¥889(税込¥960)
      (蒸し鶏のせご飯)サラダ、スープ、ドリンク付き

5/19(土) カオカームーセット ¥889(税込¥960)
      (煮込み豚足ご飯)サラダ、スープ、ドリンク付き

5/20(日) クンパットポンカリーセット ¥889(税込¥960)
      (海老のカレー炒め)サラダ、スープ、ドリンク付き

5/21(月) カオソーイセット ¥889(税込¥960)
      (チェンマイカレーラーメン)サラダ、ドリンク付き

*仕入れの状況によりメニューは予告なく変更になることがございますのでご了承くださいませ。


以上、宜しくお願いいたします

0 件のコメント:

コメントを投稿