営業時間について

埼玉県からの飲食店に対する時短営業要請を受け、2021年6月1より6月20日まで、ディナータイムの営業時間を17:30~20:00(ラストオーダー19:00、酒類の提供は終日自粛)とさせていただきます。

2018/05/07

5/9(水)からのランチメニュー

こんばんは、ニランカフェのユウコです。

ユウコのタイ東北旅の続きから。今日はチェンカーン食事編です(^^);
メインストリートには観光客向けのお店、一本道を外れると地元民向けのお店と、はっきり区別されている感じがしました。

朝食を食べるような店には必ずある鉄板目玉焼き。東北に来てから度々目にしたので一度は食べてみようということで。ほんのりバターが香る、優しいお味の目玉焼きでした。


これも東北地方の、それもラオス寄りの県に行ったら必ず食べたいメニュー。”カオピアック(セン)”と呼ばれる麺料理です。スープはあっさり、トッピングにムーヨーという豚肉のソーセージと揚げエシャロットをのせるのが特徴。米粉のほかに馬鈴薯でん粉を使って作る麺はもちもちしていてとても美味。バンコクではベトナム麺という呼び名で売られていますが、どこにでもあるというわけではありません。ベトナム麺というよりはラオス麺だと思うんですが。


色々食べたいのに、色々食べられない一人旅。
写真手前の料理はメニューによると”ソムタム ルアンパバーンスタイル”だそうです。普通ソムタムはパパイヤを千切りにしますが、こちらは薄切りになっていました。ルアンパバーンで食べたソムタムは普通に千切りだったので、どの辺りがルアンパバーンスタイルなのかは不明。ただ、辛いのが大好きなわたしの舌をもってしても、悶絶級の辛さでした。辛さで口の中が大変なことになったときに、出来ることは何もありません(タイ人は塩をなめるといいと言いますが)。水を飲んでも気休め程度、ビールだと飲みすぎちゃう。時が解決してくれるのをじっと待つのみです。


こちらは持ち帰り用ソムタム屋さん。前述のソムタムでひどい目に遭ったのでこちらでは「辛さ控えめで!」とリクエストしたのに、おばちゃんときたらしゃもじ大のスプーンに一杯分の唐辛子をすくって投入しとりました。さすがに前述の悶絶級に比べたら控えめであったかもしれないけれど、十分辛かったです。


以上、チェンカーン食事編でした。

それでは水曜からのランチメニューをご案内いたします。

定番メニュー(毎日登場します)

1. ガパオムーセット ¥797(税込¥860)
   
(豚肉のバジル炒め)サラダ、スープ、ドリンク付き

2. パッタイセット ¥797(税込¥860)
   
(海老入りタイ焼きそば)サラダ、スープ、ドリンク付き

3. ゲーンキアオワーンセット ¥797(税込¥860)
   
(鶏肉のグリーンカレー)サラダ、ドリンク付き

4. センレックトムヤムクンセット ¥797(税込¥860)
   
(トムヤムクンスープのタイヌードル)サラダ、ドリンク付き

5. カオパットクンセット ¥741(税込¥800)
   (海老入りチャーハン)サラダ、スープ、ドリンク付き

6. パットシーイウセット ¥797(税込¥860)
   (豚肉入りタイ醤油焼きそば)サラダ、スープ、ドリンク付き

7. パットウンセンセット ¥797(税込¥860)
   (春雨炒め)サラダ、スープ、ドリンク付き


日替わりメニュー
5/9(水) カオマンガイセット ¥889(税込¥960)
      (蒸し鶏のせご飯)サラダ、スープ、ドリンク付き

5/10(木) カオカームーセット ¥889(税込¥960)
      (煮込み豚足ご飯)サラダ、スープ、ドリンク付き

5/11(金) クンパットポンカリーセット ¥889(税込¥960)
      (海老のカレー炒め)サラダ、スープ、ドリンク付き

5/12(土) カオソーイセット ¥889(税込¥960)
      (チェンマイカレーラーメン)サラダ、ドリンク付き

5/13(日) パットプリックキンセット ¥797(税込¥860)
      (豚肉のレッドカレー炒め)サラダ、スープ、ドリンク付き

5/14(月) パットバミーセット ¥797(税込¥860)
      (中華麺の焼きそば)サラダ、スープ、ドリンク付き

*仕入れの状況によりメニューは予告なく変更になることがございますのでご了承くださいませ。


以上、宜しくお願いいたします

0 件のコメント:

コメントを投稿